LINK
外為市場である外国為替証拠金取引を考えていきます。FXは二国の金を売買することによりその二つの差し引きした利益を受け取れるとの方策です。こういった二国の通貨の関係で生み出される差額をスワップ金利をいうのです。こうしたスワップ金利というのは本来はスワップポイントと呼ぶそうです。スワップポイントというのは、毎日もらう事ができますけれども相場の動き方次第で違うそうです。このFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントの獲得を目的に、外国為替証拠金取引の為替取引をする人々もいるらしいです。スワップポイントはそのFX業者ごとにも違う点があるのでほんの少しでも差益の金額が高いFX業者で取引したいものですね。ただスワップポイント(スワップ金利)は為替の相場が動くことで一緒に変化するので注意しましょう。加えて為替の取引をやるにあたり図を読み取る事が大切になっています。チャートを読めれば為替の変動を読む事が出来るようになるようです。外国の為替に慣れない人が見た場合何の為のチャート?などと疑問に思ってしまうでしょうがツボをつかんでおくとグラフの理解が可能になるみたいです。いつ頃から円が上がるもしくは下降するというように一番円安になるとこのチャートによって判断する事が出来るようになり、為替トレードをする時はこの上なく便利なものとなるそうです。ここで言うチャートは日本では一般的にローソク足(陰陽足)が使われていてその名前の通りローソクの形のようなチャートで示されているのです。そのローソク足(陰陽足)は、高値や安値かつ終値か始値を表現していてチャート図は様々な格好となって行くのです。